日本睡眠総合検診協会
全国睡眠医療機関
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
不眠症
概日リズム障害
過眠症
むずむず足症候群
睡眠時随伴症
夜間不整脈



フリーダイヤル0120-318-0903
メールを送る
ホーム > 睡眠の主な病気について > 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
睡眠中に繰り返し呼吸が止まり、大きないびきとともに呼吸が回復する病気です。 眠ると気道が塞がって呼吸ができずに目覚めてしまうため、眠りが浅くなります。

原因

正常な時には、睡眠中に舌根(舌の根本)が気道側に落ち込むことはありませんが、睡眠時無呼吸症候群では、右図のように中~下咽頭部が気道側に落ち込んでしまい、気道が閉塞して呼吸が止まりやすくなります。このことによって、睡眠中に本人が気付かない覚醒(目覚め)が頻繁に起きて、睡眠が途切れ途切れになってしまい、睡眠の質が悪化します。これは昼間の眠気や朝の頭痛が生じる原因となります。
また、呼吸停止を繰り返すことによって低酸素血症や覚醒反応が起こり、交感神経が興奮させられ、夜間・早朝高血圧につながる原因となります。加えて、循環器系へ負担がかかりやすいために、脳卒中、心筋梗塞、心不全、突然死などの原因にもなります。
睡眠時無呼吸症候群になる原因としては、肥満による首回りの脂肪沈着、舌肥大、小顎およびアデノイドや扁桃肥大などがあげられています。
睡眠時無呼吸症候群の原因のイラスト

自宅で受けられる検査について

携帯型睡眠時無呼吸症候群検査装置

鼻呼吸・いびき・血中の酸素と結びついているヘモグロビンの割合(血中酸素飽和度:SpO2)・脈拍数・体動・体位・呼吸努力(胸腹部の運動)を測定することにより、睡眠時無呼吸症の評価を行う検査です。
スマートウォッチ装着イラスト スマートウォッチ

適切な治療法について

睡眠時無呼吸症候群の治療についてはCPAP療法、マウスピースによる治療、外科的治療などがありますが、症状によって医療機関で適正な治療を選択します。
CPAP療法(Continuous Positive Airway Pressure:持続的陽圧呼吸療法)
CPAP療法は、CPAP治療器を就寝時に装着し、CPAP治療器から、エアチューブ、鼻マスクを介して圧力をかけた空気を気道へ送り、気道を陽圧に保つことにより、気道の閉塞を防ぐ療法で、効果的な対症療法です。
睡眠中の無呼吸を防ぐことで質の良い睡眠が得られ、日中の眠気や身体の重さ、疲労感が軽減します。
さらに、高血圧や脳卒中、心筋梗塞などの循環器系の疾患の予防になります。
シーパップ療法イラスト
マウスピース療法
専門の歯科医が作成したマウスピースを就寝時に装着することにより、気道の閉塞を防ぐ治療法です。
マウスピースによって下あごが前方に出るように矯正されることによって、喉が広がり、気道が確保され、いびきや無呼吸を防ぐことができます。
マウスピースイラスト