日本睡眠総合検診協会
全国睡眠医療機関
眠りとは(睡眠の役割)
睡眠には種類があります
睡眠のメカニズム
ホーム > 睡眠について > 眠りとは(睡眠の役割)
眠りとは(睡眠の役割)

眠りとは― 睡眠の役割

 私たちはなぜ眠るのでしょうか― その正確な答えは、まだ完全に明らかになっていませんが、生きるうえで大切なもののひとつであることは分かります。それは、睡眠不足になると元気がなくなったり、集中力が続かなかったりして、生活の質が低下するためです。逆に、よく眠ると心も体も生き生きとします。

 睡眠は、脳によって営まれている脳(大脳)の休息であることが分かっています。脳には体の活動をつかさどっていると同時に、脳自体を休ませる働きももっているのです。
 近年、睡眠不足や不眠などによる作業効率の低下が招く事故や、子どもの睡眠不足が影響していると考えられる学力の低下が問題となっています。さらに、睡眠不足や不眠は、肥満や高血圧といった生活習慣病と関連しているとも考えられています。
 まさに「よく眠ること」は「よく生きること」なのです。